MGTOW NEWS

ブログタイトル

安倍晋三、大ハンガリー主義者になる。国際問題必至のニセ動画は如何に拡散したのか

 

f:id:lein4921:20200606031518g:plain

gif晋三



 

 

 

 日本の国会動画がなぜかハンガリーで拡散され、一日の間に20万回再生を超えた。(現在32万回)

動画を確認しても、新型コロナウイルス対策について話しているだけの普通の動画である。

f:id:lein4921:20200605222156p:plain

 

 ただ、書かれているハンガリー語の字幕が全くの大嘘ということを除けば。

 

 

 

 この動画が投稿された6月4日はハンガリーにとって重要な日とされる。ちょうど今から100年前に、第一次世界大戦の敗戦国となったハンガリー王国トリアノン条約により国土の七割、人口の五割を失ったためだ。

 以来、一部のナショナリストたちは、この屈辱の条約により失われた国土を回復し大ハンガリーを再建したいと願ってきた。

 そして、右派のオルバン政権は2010年に6月4日を国民連帯の日として制定する。

 

f:id:lein4921:20200605233220j:plain

 

f:id:lein4921:20200605233514g:plain

 

 

 

 その国家的な記念日において、一つの動画が投稿された。概要欄には「共有してください!ハンガリー人は一人ではない!」と投稿者のコメント。

https://www.youtube.com/watch?v=XaN1CFatUac&t=1s

 

 6月2日の日本の国会とされる動画では、トリアノン条約追悼会が開かれ、日本と同じように、ハンガリー戦勝国によって国土を奪われたことは容認できないことだと言う。安倍首相は、ハンガリーを国境で引き裂くことは出来ないとし、ツラン民族の兄弟である日本人はその歴史的な闘いに賛同することを表明 (汎ツラン主義 20世紀に広まったマジャール人大和民族は同祖であるという考え

 

発言者が立憲民主党福山哲郎議員に変わり、さすがに野党からは冷静にツッコミがされるかと思えば、ダビデゴリアテの喩えを出し、「不屈の意志で東京は世界と戦う」「真の日本人は行動しなければならない」と語気を強めて賛同。

f:id:lein4921:20200605222004p:plain

 

 

茂木外務大臣は「ヴェルサイユ条約は全く無法なものである」と証言。

加藤厚生労働大臣も「奪われた領地を祖国に奪還するため協力しなければいけない」ともはやこれから宣戦布告をしそうな勢いに。

f:id:lein4921:20200606130736p:plain

 

最後には大きくテロップで「彼らに感謝しよう!彼らは我々を忘れていない!」

 

f:id:lein4921:20200606011510p:plain

 

この"感動的"な動画がFacebookを中心に拡散され、今回のような事態となった。拡散している大多数の人はこの動画を嘘字幕ネタとして楽しんでいるわけではなく、本気で日本政府が大ハンガリー主義の立場を支持したと受け止め、日本語で「どうもありがとうございました」などと投稿している。

f:id:lein4921:20200606174505p:plain

さらに一般人だけでなく、政治家やNGO団体もすっかり信じ込み、本物の国会映像としてこの動画を拡散した。

 

 

f:id:lein4921:20200605225531p:plain

f:id:lein4921:20200605225339p:plain

 

 100周年の記念日という注目を浴びやすい日時に合わせて投稿するために事前に動画を作成し、動画のコメント欄を閉鎖することでデマであるという指摘を目に入らないようにようにし、「トウキョウ」のような、日本語を知らなくても分かる可能性のある単語が答弁の中で出てきた場合は、字幕の文章にも出てくるようにするなど中々凝っている。

制作者の目的は不明だが、これが本当の国会映像として拡散されてしまえば、国際問題になりかねないだろう。ハンガリーナショナリストにとっては嬉しい発言であっても、その周辺諸国の国民にとっては自国の現在の領土を危うくする敵対的発言に他ならない。

 

 ただ、今ではこれがフェイクであることが大体の人に見抜かれ、事実が広まっている。おそらく閉鎖し忘れたであろうチャンネルページのフリートーク欄には怒りの書き込みが殺到した。

f:id:lein4921:20200606131124p:plain

 

ハンガリーのYoutuberやウェブサイトの記事でもこの動画がフェイクであることが取り上げられ、とくに下記の記事では、この動画は面白い字幕の上で怒り狂うヒトラーの動画のようだが、制作者は意図的に視聴者を誤解させたと指摘している。

https://index.hu/tech/hoax/2020/06/05/nem_nem_szolaltak_fel_a_japan_parlamentben_a_hun-magyar_testvereik_trianoni_tragediajarol/

 

デマを指摘する声の中には、日本人は旧約聖書ゴリアテの喩えなんて使わないだろうというものや、日本語を勉強しているハンガリー人による「音声にあるオミ先生とニシウラ先生はいつこの字幕に出るのかしら?」という皮肉など。

 

日本語が分からないハンガリー人も、Youtubeの機能であるAIによる自動音声書き起こしによって言葉の壁を超えることでデマであることを看破した。日本語音声を文字に書き起こし、その文字をGoogle翻訳のカメラによってハンガリー語に翻訳したのだ。

f:id:lein4921:20200606174746p:plain

f:id:lein4921:20200605231801p:plain

 

フェイクニュースはインターネットによって大量に拡散されるようになったが、それを見破る術もまたインターネットによってもたらされるようだ。

 

 

 

 ではこのフェイク動画は誰が作成したのだろうか。この動画を投稿したYoutubeチャンネルは当日の2020/06/04に登録されており、他の動画は投稿していない。よって投稿者の手がかりとなる情報はない。

 しかし、デマの拡散はウイルスの感染と同様に人を介して行われる。つまり、拡散した人をたどっていけば何らかの情報が得られるかもしれない。そこで、フェイクニュースの追跡調査に使用されているソフトにより、拡散の経緯を把握することで「第一号感染者」の特定を試みたい。

 

 この動画のリンクを拡散したコミュニティは、トロント在住のハンガリー人だったり、トランシルヴァニア住民、汎ツラン主義についてのグループなど様々だったが、もっとも反応の多い投稿がなされたのが2022年のオルバン首相再選を目指すグループであった。

f:id:lein4921:20200605225801p:plain

  このグループのメンバーが5万人であり、そこからさらに200人以上にシェアされている。すなわちこの投稿をしたヨセフ氏がデマのスーパー・スプレッダーになった可能性がある。

 このような大規模なグループに投稿したのは、フェイク動画を作成した本人がより多くの人を騙して楽しむための故意の行動なのか、それとも偶然なのか。これは私の推測の域を超えないが、ヨセフ氏のFacebookには数年前から投稿されている家族との写真が多くあったことから、本当にデマを信じ込み善意で投稿してしまったドジな人のように思える。

 

 誰がこの動画を作成したのかを知るためには、さらにデマの感染経路を遡る必要がある。まずこの動画が投稿されたのは日本時間で6月5日の深夜0時ごろだ。よって、動画の投稿された日時を起点に最も近く、一番最初に拡散しているユーザーは犯人の可能性がある。

 

 

 

そしてそれに該当したのが下記のグループである。

 

 

 

 

 

f:id:lein4921:20200606003908p:plain

 

残念ながら説明を呼んだ上でも私にはグループについて不気味だということしか分からない。しかも投稿自体はすでに削除されてしまっているため、今ではあるユーザーがこのグループに投稿したということのみが唯一の情報となる。

 

警察に関連する謎の共有ファイル

 

f:id:lein4921:20200606004340p:plain

 

f:id:lein4921:20200606142054p:plain


 

 

ということで、非力な私はここで行き詰まってしまった。これ以上の探求は読者の方々の中で興味を持った人に任せたいと思う…。自己責任で。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:lein4921:20200606013007p:plain