ブログタイトル

NHK訴訟「陰謀論」拡散した「やらおん!」「痛いニュース」の責任を徹底追及!京アニ事件

 

f:id:lein4921:20191204191246p:plain




 

 京都アニメーション放火殺人事件に関し、虚偽の情報を拡散したまとめサイトのサーバー管理会社にNHKが起こした訴訟で、大阪地裁が発信者情報の開示を命じた。NHKはさらに損害賠償請求を検討しており、これに戦々恐々としているのがこれまでデマを流してきたまとめサイトの運営者たちだ。

 

 デマは一度流されると、それを訂正するのに何倍もの労力と周知が必要となる。当サイトではこれ以上運営者たちの逃げ得を許さないために、記事の内容を検証し彼らの責任を追求、現在閲覧可能なものにはすべてインターネット・アーカイブにより保存を行った。

 

 

 

まず、まとめブログ「やらおん!」の京都アニメーションNHKに関する記事は、キャッシュの表記によると2019年12月2日 08:30:45まで残っていたが、なぜか現在は削除済みとなっている。なお大阪地裁による発信者情報開示命令が報道されたのが12月3日だ。

 

アーカイブに残っている記事の中では、青葉容疑者とNHKのディレクターが知り合いであると実名を挙げデマを拡散、「たまたま警察より早く公園で慰留物を発見」など今回大阪地裁が開示命令を出したサイトの事例と同様の内容となっている。

 

 【京アニ放火事件】NHKが何か怪しいと話題に! 捏造報道 や 犯人が寝泊まりしてた公園を特定しガソリンタンクのパッケージの箱が捨てられてるのを警察やどこのメディアよりも早く見つけ、単独で撮影

 

 

【セキュリティドア】NHK京アニ取材の闇、ついに暴かれる。スタッフが到着した時には炎に包まれていた | やらおん!

 

さらに、NHKが下記の関与を否定する声明を発表した後の8月5日の記事では「(´・ω・`)もうやめとこうぜ、NHK陰謀論派はもう負けたんや・・・京アニ社長発言が間違ってたし
(´・ω・`)NHKも青葉と面識はないって否定したし・・・負けたんや・・・大人しく受信料払わないといけないんや」などと自らの発信を棚に上げコメント。

 

特定のNHKディレクター名を挙げ、「容疑者と接点がある」、「現場で遺留品を回収した」などと事件に関連付けるような書き込みがされています。

NHKのディレクターは、事件及び容疑者とは何の関わりもなく、これらの

書き込みは、いずれも事実無根です。

また、NHKの取材と今回の事件を関連付けるような書き込みも、明らかに 事実と異なる誤った情報であり、こうした情報の発信は極めて遺憾です。 

 

 なお「やらおん!」はまとめブログとして大量のアクセス数を稼ぐ影響力の強い媒体であり、かつては旧2ちゃんねるの公式ページで「第3者に迷惑をかけ謝罪しない人物に2chの著作物を使われることは、不利益が大きいため、下記のURLにおける2chの著作物の利用を禁止します」と名指しで転載を禁止された過去を持つ。

 

 

 

 まとめブログ「痛いニュース」の京都アニメーションに関する記事も現在は削除済みとなっている。アーカイブに残っている記事の中では、「NHKのせいじゃん どうすんだよNHK」「NHKの取材でセキュリティ切ってテロされるとかそんな偶然ある?」など事件への関与を示唆している。

この内容は、「来客のために切ったとされるセキュリティシステム」自体がそもそもなかったと京都アニメーション側が訂正しているため誤りだ。

web.archive.org

 

京アニ社長「来客(NHK)に備えて解錠していた」⇒NHKニュース「通勤のために施錠せず」 : 痛いニュース(ノ∀`)

 

 

  今回の判決では、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)のような第三者による投稿をまとめた記事であっても、まとめブログ運営者が編集していることを理由に賠償義務を負うとしている。

常磐自動車道あおり運転傷害事件では無実の女性を「ガラケー女」として拡散した豊田市議が計110万円の損害賠償で提訴されるまでにいたった。今回のNHK陰謀論とそれに伴うディレクター個人を標的とした個人情報の拡散も、記事を黙って削除すれば許されるようなものではない。

 

 

 現在デマを流した多くのサイトが記事を削除し、検索することが困難となっている。他に該当しそうなサイトのキャッシュやアーカイブを発見した場合当サイトにご連絡を。

 

ミグタウニュース MGTOW NEWS (@MGTOW_JP) | Twitter

 

NHKへの通報はこちらから

 

 

【追記】2019/12/06

NHKに関する記事を後に削除しているまとめサイトについて、情報提供のメールがありました。ありがとうございます。

メールの投稿者は「(デマの拡散に)該当してないなら何故削除したのかわからない」とご尤もなご指摘。

誤った情報だったならば正々堂々と記事を訂正し、謝罪するべきであり、隠れて自らの発信を削除、なかったことにするというのは責任逃れのように思われても致し方ない。

 

 

まとめサイト名:GOD速報

ディレクターの実名を晒し、青葉容疑者と面識があったと虚偽の情報を拡散。

【悲報】京アニ放火事件、NHKが怪しすぎる : GOD速報

 

 

まとめサイト名:「アルファルファモザイク

京都アニメーションNHKに関する記事はすでに削除済みだったが、ツイートで自らの記事を投稿したものは残っていた。

アルファルファモザイク⭐人気記事 on Twitter: "京アニ放火、NHKの闇が深いと話題 https://t.co/1WsRpFMWeV 偶然がこんなに重なるのか?"

 

 

まとめサイト名:オタク.com - オタコム

前述の通り「来客のために切ったとされるセキュリティシステム」自体がそもそもなかったと京都アニメーション側が訂正しているため誤り

【京アニ放火事件】NHKさん、捏造報道をついに認める・・・「スタッフが到着した時には既に火災が起きていた」 : オタク.com -オタコム-

 

痛いニュースの別の削除された記事

痛いニュース(ノ∀`) : 京アニ、来客対応のために今日だけセキュリティを解除 放火はNHK取材の直前だった - ライブドアブログ

 

 

 

web.archive.org

 

 

 

http://web.archive.org/web/20191204041017/http://anime.mokuren.ne.jp/136179/968129.html

 

 

トレンドサイト等でも悪質なデマが拡散。

web.archive.org

ennjou.net

odak.hatenablog.com

 

www.megabe-0.com

happy-koara.com

kusurino-ouchi.com

blog.goo.ne.jp

 

 

 

「法政にミスコンがないのは田中優子総長のおかげ」?中核派学生がデマに怒りの声「簒奪であり正に欺瞞」「都合よく乗っかるな」「左翼ビジネスの相互扶助」

ダイバーシティの基調をなすのは「多様な人格への敬意」にほかなりません。「ミス/ミスターコンテスト」のように主観に基づいて人を順位付けする行為は、「多様な人格への敬意」と相反するものであり、容認できるものではありません。

...「ミスコン」とは人格を切り離したところで、都合よく規定された「女性像」に基づき、女性の評価を行うものである。...

 

 法政大学が「ミスコン」を容認できないとしたことに注目が集まっている。11月29日に発表した声明文では、上記の理念に基づきミスコンを認めてこなかったのは「本学の誇るべき伝統」であると主張。

これがSNS上で拡散され、女性差別を許さないその姿勢にリベラルな人を中心に称賛の声があがっている。

 

 

 法政大学を褒め称える投稿の中、ミスコンがない理由としてリベラルな姿勢で知られる田中優子総長やフェミニズム(女性学)の第一人者である田嶋陽子元教授を挙げるツイートが拡散されている。そのツイートをメディアがそのまま無批判に引用、何も知らない人が読んだ場合はそう信じかねない形となっている。

 

端的に言えばこれは誤りだ。

そもそも、田中優子氏が総長となったのは2014年のことで、それ以前から法政大学にミスコンはない。

 

 

今回の法政大学の声明を称賛する声で埋まる中、その声に押し流されず果敢に批判している学生がひとりいた。当サイトでは彼にインタビューを行った。(名前はイニシャルで表記しています)

 

――現在は法政大学の学生で法政大学文化連盟のメンバーということでよろしいですか?

 

A.G氏 はい。ただ自分は学内で規制反対集会をした事で無期停学を受け、学内に一歩も入れない状況で、学費を延々と払い続けなければいけなくなったので、払うのをやめた結果、除籍されています。ただ自分としては処分撤回を求めています。

 

――単刀直入にお聞きします。中核派ですか?

 

A.G氏 はい。文化連盟のメンバー全員がそうではありませんが、自分はそうです。

 

――法政大学がミスコンを認めないのは田中優子総長の功績という声が拡散されています。このことについては?

 

A.G氏 ミスコンの禁止は、学生主催の自主法政祭の理念である「差別の止揚と克服」から導かれたものです。

しかし法大当局は一貫して自主法政祭を「大学祭」と呼び、学生の自主性を否定して、規制をかけてきました。また大学当局による学祭への介入に反対する運動を弾圧し、自分のような学生を処分してきました。

 

そのくせ、都合の良い時だけ、自主の理念から導かれた学生の方針を賛美し、自らのリベラル・ブランドを演出するのは欺瞞も良いところです。

そもそも以前に一回、大学主催のミスコンを小金井キャンパスでやっています。ミスコンに反対し続けてきたのは学生です。乗っかるなという話です。

 

にもかかわらず、田中優子や大学の功績のように広まるのは、大学当局の宣伝の仕方と、そもそも自治や自主といった観念が薄まっているからでしょう。

 

――今回の声明の中でミスコンを容認しないのは「本学の誇るべき伝統」と主張していますが当時の大学当局はミスコンをなくす働きかけに協力していましたか?

 

A.G氏 そもそも自分の知る限りではミスコンは最初からありませんでした。ミスコンは学生同士の話し合いでやらないと決めていたので、やりたい学生が出てきても、学生が説得してやめさせてきました。その意味で「学生自治に基づいた伝統」です。大学当局の出る幕はありませんでした。

 

――そのミスコンをやりたいという学生に説得してきたのは、文化連盟メンバーや大学当局に反対する活動家の学生が主体ですか?

 

A.G氏 勿論です。これが実感だと思います。(下記のツイートを引用)

 

 

――これまでミスコン反対を精力的に行ってきた文化連盟の学生は、現在自主法政祭から排除されていますか?

 

A.G氏 されています。自主法政祭を仕切る学祭実も今や大学当局のいいなりなので、規制をほいほい「自主」規制といって正当化しますし、大学当局による文化連盟の排除も、以前は抗議していましたが、12年からは追認するようになりました。

 

――最後にこの場で主張したいことはありますか?

 

A.G氏 田中優子総長になって、本声明やダイバーシティ宣言のように対外的には左派ブランドのアピールにより力を入れるようになりましたが、実際にはビラまき一つできないような、学生自治のかけらもない、極めて抑圧的な大学になっているという事です。このギャップをもっと多くの人に認識して欲しいと思います。

 

 

 筆者は中核派がかつて行ってきた行為を肯定しないが、中核派ノンセクトの学生を弾圧しておきながら、その学生たちが作った結果(ミスコン廃止)を換骨奪胎し、リベラルアピールに利用する法政大学当局の傲慢さ、それに安々と乗っかるリベラルの軽薄さ、そして普段は「文連ウルサい」と言い彼らが弾圧されている光景を冷ややかな目で見ている学生が、大学当局を絶賛している権威主義的在り方には強く違和感を覚える。

 

 

文化連盟や活動家の学生には全く触れず、ミスコン廃止は田中総長のおかげという趣旨のツイートを無批判に引用したメディアの記事の最後は、下記のように締めくくられていた。皮肉に聞こえるのは何故だろうか。

 

反響は法政大学の硬派な姿勢に賛同するというものが多かった。口では男女平等、人権尊重と言いながらもそれに矛盾した事象が当然のように存在する現代。一つくらいこういう姿勢を貫く大学があってもいいのではないか。

 

 

f:id:lein4921:20191203192855j:plain

「誇り高き伝統」を作った学生への大学当局による手厚いもてなし

 

f:id:lein4921:20191203202227j:plain

4年間で100人以上を逮捕した大学が唱える「ダイバーシティ」は寒々しく、空虚に響く



 

f:id:lein4921:20191203194611j:plain




ただの呟きを「クソリプ」に変えられた。 靴師の被害者「対話せずレッテル貼り悲しい」「女性のための靴を開発してる最中だった」#KuToo

 石川優実氏の『#KuToo 靴から考える本気のフェミニズム』が物議を呼んでいる。

書籍の中で「クソリプ」として晒されているツイートの大半が実際にはリプライしていないのに、まるでリプライしているかのように変えられているというのだ。

 

確かにKSL-LIVE!による検証の結果では、書籍に掲載されている「クソリプ」のうち76%が実際にはリプライも引用RTも行っていない石川氏へ関与していないただの呟きだった。

つまりそれを見つけ出した石川氏が最初に返信した形となる。

 

f:id:lein4921:20191201193544p:plain

 

 

 

当サイトでは、リプライも引用RTもしていないが「クソリプ」とされた靴師の@Zin_Ryu氏にインタビューをした。

 

 

――今回ご自身のツイートが「クソリプ」として引用されましたが、それを知った際はどのように思いましたか?

 

@Zin_Ryu氏 前提として、私は地上20-80mの高所作業を伴う工場現場で、仕事靴が合わない特殊な足型なことに命の危機を感じ、仕事場にも自分の足にも合う靴を作ることをきっかけに研鑽し、靴を設計する技術者になっています。

一言で言えば、彼女が対話せずに「クソリプ」とレッテル貼りしたことに悲しくなりました。

足に合う靴を仕事場で誰でも履けるようにすると言う点で、石川さんと一致していると思いましたので。

自分なりに技術の粋を尽くして女性が美しく快適に履けるフォーマル性を持った靴を開発している最中のことでした。

 

――靴師として女性の靴問題に携わっていた最中の出来事だったんですね。対話ということですが、この場で石川氏へ伝えたいことや主張したいことはありますか?

 

@Zin_Ryu氏 本に掲載する前に、対話をしてほしかったです。

私の最初のツイートは彼女に向けたものではなく、一般の方に、より足に優しい靴を仕事場に受け入れさせるために、経営者の立場も尊重して対話をしませんか?という趣旨でした。

 

対話によらない、私の趣旨とは反する解釈をされ、それを「リプ」といういかにも対話したかのような演出で本に掲載され世の中に出版されています。

私はその意味で引用と見なしていませんので、彼女と出版社には訂正を求めたいです。

 

――最後に、今回の引用は改変であり著作権侵害ではないかとも言われていますが、今後訂正などがない場合、法的措置をとる可能性はありますか?

 

@Zin_Ryu氏 法的措置をとる可能性ですか…。彼女と出版社に怒りの感情はないので、なるべくしたくはないのですが、それしか止める手段がない場合は検討せざるを得ません。

私の活動は、靴業界をはじめとする諸業界の方々や、たくさんのお客様の支援のもとに成り立っているので。もはや私の感情だけの問題ではないのです。

 

 

取材に協力していただいた@Zin_Ryu氏にはこの場で感謝申し上げます。

 

 

 まるで自分に数多の「クソリプ」が殺到し、それに負けることなく颯爽と反論している様子を演出するために印象操作を行うことは誠実ではない。

 

もし彼女にとって、@Zin_Ryu氏や他のすべてのツイートが本当に自分に向けられた「クソリプ」のように見え、対話ではなくそれを書籍で晒すことが最善の策だと思えたなら、「敵と味方」で分断されがちなSNS社会、そしてSNS発の運動である#KuTooの一面を体現していると言える。

 

 また、リプライはもちろんハッシュタグもつけず、ただニュース記事(しかも石川氏に直接言及する記事ではなく厚労相の発言についての記事)への感想を呟いただけで、「クソリプ」として晒された@ibaichi10氏は、当サイトの取材に対し、石川氏へ「言葉遣いを誤ると自身を傷つけるだけで、その自傷に気づかないとしたらそれはとても残念な人生だと思います」とコメントした。

 

 

@ibaichi10氏のツイートを書籍に掲載する際には、リプライした時に出るマークを合成し、文章そのものを変えてあたかもニュース記事への感想ではないように見せている。一般的な定義では、そのようなツイートにいきなり絡んでいった石川氏の方こそ「クソリプ」とされかねないが、このように掲載されるとまるで@ibaichi10氏側から「クソリプ」を送ったように誤解してしまう。

 

 

f:id:lein4921:20191201205055p:plain

 

 

  @ibaichi10氏がURLを載せ感想を呟いた記事

mainichi.jp

 

 

 

 

今現在も石川氏や出版社はこの「変更」を正当なものであり問題ないとしている。